読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行列屋さんの作業ログ

行列まわりで色々やってたエンジニアの作業メモ&国内外旅行記ブログ

一人旅NY3泊5日⑥ エンパイアステートビル展望台と地下鉄,fishs eddyでお土産購入

前の旅行記はこちら
liberaldays.hatenablog.com


トップ・オブ・ザ・ロック展望台の次は,エンパイアステートビルの展望台に上ります.その後地下鉄でダウンタウン方面に移動しfishs eddyという食器やさんでお土産屋を購入しました.

ロックフェラーセンターからエンパイアステートビルまで,五番街を歩いて南に向かいます.




途中ニューヨーク公共図書館の前を通りました.壮麗な建物です.
入り口近くのライオン像と一緒に写真を.
図書館は自由に見学でき図書館内のショップで買い物も出来るのですが,このときはまだ朝9時.開館していませんでした.昼過ぎにまた訪問します.

エンパイアステートビルに到着.中に入ります.
最初入り口が判らなくて手間取ってしまいましたが,5番外側の観光客向け入り口から入れば良いだけでした.ロックフェラーセンターとは違ってビルの低層部分には自由に入れません.


シティパスを渡して入ります.
エンパイアステートビルのセキュリティは厳しく,金属探知機による検査を受ける必要があります.スマホはもちろん,ベルトも外さないといけないので少し面倒.
あとお決まりの写真撮影も面倒...
エレベーターまでの通路には時間つぶしのため様々な解説パネルが置かれてますが,20人程しか列に並んでいなかったので読まずに通過.

1台目のエレベーターで80階のEXHIBITに.エンパイアステートビルの資料館があります.
景色も楽しめますがガラス越し.資料館そのものに興味がなければ,更に上層に向かう2台目のエレベーターに乗ったほうがよいかも.

ちなみにビルのくぼみの窓から下の階の室内を覗き見ることができました.植物に溢れた部屋や,機械室の様な部屋がありましたが,展望台から見られる部屋なんてほとんど使われていないのかも.


エレベーターに乗って,86階,320m地点に到着.「MAIN DECK」と呼ばれるエリアです.
屋外に出ることができ,こんな感じの屋外展望台になってます.
そこそこの人混みですが,町並みを眺める分には問題ないです.

エンパイアステートビルからダウンタウン方向を.ひときわ高いビルが,ワンワールドトレードセンターですね.
左下から右上方向に延びるのが5番街.5番街沿いの写真中央付近に,フラットアイアンビルが写ってます.次に向かったfishs eddyがこの近くに.


アップタウン方面はこんな感じ.
さっきまでいたロックフェラーセンターも見えます.「423 Park Ave」は相変わらず目立ってます.


最後に横向きでも.
いちおう自由の女神っぽいものが写ってますが...点ですね.今回の旅行では自由の女神の近くには行けませんでした.女神像のある島へのフェリーは,シティパスに含まれていたんですけれど.
これも次回です.


MAIN DECKから尖塔を撮影するとこんな感じです.この上102階には,東京タワーでいう特別展望台に相当する「TOP DECK」(381m)があります.入場には追加料金が必要でシティパスには含まれていません.
一応+20$でアップグレード出来ますが,「展望台が小さく窮屈.外にも出られない.20階だけじゃ景色もそんなに変わらない」という感想を見かけたので行きませんでした.
でもスカイツリーは展望デッキ(350m)と天望回廊(450m)で随分眺望が変わりますし...実際に体験してみないと解らないかもですね.

エンパイアステートビルの入場料金一覧は下の公式サイトのとおりです.
www.esbnyc.com
入場列をパスできるタイプの入場券が販売されているということは,混むときはかなり混むんでしょうね...下層の待機場所も大分大きかったですし.
冬季の人の居ないタイミングで良かった.

ちなみに103階は普段閉鎖されているものの,要人,著名人に限り見学が許されるとのこと.
www.esbnyc.com
こっちは無理ですね.

さて,トップ・オブ・ザ・ロックエンパイアステートビル展望台と2つの展望台を連続で回ってきました.地上の喧騒から離れて静かな時間を過ごせたので大満足です.

展望台2つ連続なんて,町並み変わらなくて退屈では?等と計画時は少し心配してましたが,みえる範囲が少しずつ違うのでそんな事はありません.セントラルパークはトップ・オブ・ザ・ロックから,ダウンタウンエンパイアステートビルから見るとGoodです.
ビル自体の雰囲気も違いますしね.

さて,86階での眺めを十分堪能したら80階に戻ります.お土産屋やさんがあるので物色....
エンパイアステートビルの置物やチョコレート,Tシャツなんかがありました.

特に何も買わずそのまま地上階へのエレベーターへ.写真売り場もスルーしビルを出ます.
シティパスでは,同日内であれば夜8時以降(冬季の場合,夏季は10時以降),エンパイアステートビルに再入場出来ます.今晩またここに来たときに,ゆっくり見ることとしましょう.

さて,次の目的地はfishs eddy.エンパイアステートビルからは少し距離があるので,地下鉄で向かいます.

まずは券売機で一週間有効の乗り放題チケット(31$)を購入.
一回券は3$で,元をとるには11回以上乗らないといけないですが...これ以降は滞在中どこへ行くにも地下鉄を使っていたので,あっさり元をとれました.

チケットの買い方,使い方は下のサイトが助けになります.
ニューヨークの地下鉄の乗り方とメトロカードの買い方 - BASIK NEW YORK



ホームの雰囲気は駅にもよりますが,だいたいこんな感じ.
東京と比べると暗いですね.


列車が入ってきたところ.

NYの地下鉄,治安面で最初は不安でしたが,今回の行動範囲では危険な目には一度も遭いませんでした.常時それなりに人の目がありますし.
清掃も行われてるのか概ね清潔で,嫌な臭いもありません(地下独特の匂いはしますが).
時刻表こそ駅に無いですが本数も多く,街の主要スポットを短時間で移動出来るのでバンバン利用すべき便利な移動手段といえるでしょう.

ただ,ホームレスや怪しげな人がうずくまっていたりする場所もあるので,そういったところには不用意に近づかないように.
またスリには十分注意して,財布を出さない,スマホもなるべく出さずに降車駅は予め覚えておく(現地の人普通にスマホしてるので,考え過ぎかもしれませんが),ドアの近くに立たない,等の最低限の対策は意識して行っていました.

それから車内のアナウンスが行われないこともある,突然の運転変更がある,駅や車内で突然パフォーマンスを披露する人が居る,辺りの点についても,知っておとくとビックリしません.


23番街の駅で地下鉄を降り,少し歩いたところにあるのがfishs eddyという雑貨屋さん.
世界でこの1店舗しかないものの,そのデザイン性の高さで知られる食器やさんです.
店内写真は撮っていないので,こちらのサイトでどうぞ.
mikissh.com

ミスタードーナツとコラボレーションし,限定デザインの食器を販売したこともありました.

ニューヨークのスカイラインを描いたデザインが一番人気…なのかな.
ここではプレート2枚とクッションをお土産として購入しました.

プレートは直径30cm程のものを選択.1枚16$位です.




そしてプレートと同じデザインのクッション(枕?)も.19$程.水色が良い感じ.
自分用として買いましたが,帰国後家族に追加で欲しいと言われることに.

なおfishs eddyは公式サイトで通販を行っています.
日本を含む海外発送もメールで依頼すれば対応して貰えそうなので,欲しい方はご検討を.
www.fishseddy.com


さて,割れ物を持って観光を続けるのは怖いので一度ホテルに帰ります.

お店の前から北をみると,さっきまでいたエンパイアステートビルが.


エンパイアステートビルからも見たフラットアイアンビル.近くで撮影したので全体が映りきってませんが.想像以上に細かったです.

近くのセブンイレブンで軽食と栄養ドリンクのモンスター(日本の約二倍の710mlサイズ,一応これもお土産)を購入し,ホテルに帰りました.


ブログランキングに参加してみました よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村